健康管理や病気の治療に欠かすことのできない信頼できる内科とは?上手に内科へ通うための予備知識をご紹介

内科では鼻水や咳などの風邪の症状や腹痛、下痢などの症状に合わせた薬を処方してもらうだけだと思い込んではいませんか。
内科とは、症状にあわせた薬の処方はもちろんですが、食事療法や生活習慣についても相談ができる場所であるのが正しいのです。
もしも、あなたの現在のかかりつけ医から食事や日常生活に関して何もアドバイスをもらえていない状況であれば、健康管理についても相談できる医者をさがしてみてはいかがでしょうか。

健康管理や病気の治療に欠かすことのできない信頼できる内科とは?上手に内科へ通うための予備知識をご紹介

内科とは、慢性的な病気である糖尿病や高脂血症、高血圧などの病気を診ることが多いです。
こういった病気は毎日の食事や運動などの生活習慣からの影響を大きく受けます。
暴飲暴食、過度のアルコール摂取、まったく運動をしない不健康な生活をしていれば健康管理ができていない状態です。
健康管理ができていなかれば薬の効果もあまり得られない可能性もあります。
内科とは、専門知識のある医者からの処方薬にプラスして、食事療法や運動療法を踏まえて総合的にアドバイスを行う場所なのです。

内科は治療だけではない!健康診断が出来る内科を選んで定期的に検査を受けよう!

内科受診と聞くと、鼻水、咳などの風邪の症状や下痢や腹痛などの症状がある時に受診をするものだと思い込んでいる方がいますが、症状がなくても受診する価値があるのをご存知でしょうか。
内科では定期的に行われる健康診断の検査項目についても相談することが可能です。
例えば、血糖値やコレステロール、尿酸値などが主な検査項目ですが、人によっては甲状腺ホルモンや腎臓など専門的な分野についても相談する事ができるのです。
症状が全くなかった方でも年に一回の健康診断で異常値が出てしまった場合には、なるべく早めに内科を受診し、そのあとも定期的に再診を受け、血液検査など必要な検査を行い、結果に合わせて薬を処方してもらいましょう。
処方薬は検査結果の数値によっては徐々に減らしていくケースもありますし、継続して一生飲まなければいけないケースもあります。
いずれにせよ、専門医の正しい判断のもとで検査と投薬を行う事が重要なポイントとなります。

内科選びのポイントその甲状腺疾患は最寄りの内科でも治療が可能です一般的な健康診断が随時できる

歳をとっても健康に生活したいと考えている方が多くいるはずです。
仕事を定年退職をしてやめた後も長い人生が続きます。
日本では高齢化が進行して人生100年時代と言われており、退職後も数十年生きるので、健康に生活していきたいと考えるのは当然です。
健康を維持するためには、内科クリニックを定期的に利用することをおすすめします。
治療だけでなく定期的な健康診断ができることも、内科クリニックを選ぶ際に重視するべきポイントです。
病気は早期発見できればガンであっても完治できる可能性が高いので、健康診断を定期的に受ける必要があります。
申し込んでから1カ月以上待たなければいけないクリニックは評価できないです。
また、健診を受けて終わりではなく、生活習慣のアドバイスなどをしているところが信用できます。
結果を見てもどうやって改善しなければいけないか分からないと思われるので、医師からの生活習慣のアドバイスはかなり助かります。

内科選びのポイントその内科でもできるがんを発見できる線虫検査!メタボリックシンドローム健診可能

信頼できる内科選びで2つ目のポイントは、メタボという正式名称だとメタボリックシンドロームの有無が健診可能であるかどうかです。
メタボを簡単に言うと。
内臓脂肪がたまっているかどうかを指します。
それに追加して血圧上昇や空腹時の高血糖・脂質の異常値などがみられる場合にそう診断されることが多いです。
この状態が、病気であるわけではありません。
しかし健康によくない兆候であると考えられ、放置してしまうと脳梗塞・心筋梗塞といった重大な病気につながる可能性があるため、早めの予防が大切だといえます。
内科でメタボだと診断してくれるところだと、その状態を解消する取り組みなどを指導してくれるため信頼できる医療機関だとみなされます。
普段の健康づくりに役立てるのであれば、医療重視者の適切なアドバイスを受けられるためメタボ対策にこうした健診を提供する内科の存在は信頼されやすいです。
40歳から74歳の人を対象にしているので、その年齢で気になることがあるのであればまずはメタボであるかどうか受診すると良いです。

内科選びのポイントその個人内科で実施をしている生活習慣病のケアとは様々なリスクに備える腫瘍マーカー検査も実施

医療施設のなかで、特に受診患者が多い診療科が内科です。
ここでは循環器・消化器・呼吸器に対応した診療を実施されており、それぞれの専門医によって治療が進められます。
内科はまだ疾病を発症していない方に対してもケアを実施しており、40歳以上に義務付けられている特定健康診査を受けるおことも可能です。
この特定健康診査は計50の項目で構成をされていて、生活習慣病を未然に防ぐ機能も果たしています。
そのなかには腫瘍マーカーという検査もありますが、ここで簡単にこの概要に触れていきましょう。
腫瘍マーカーとはガンのリスクを見極めるための検査です。
昨今はこのガンを患う方が増加をしており、日本人の死因の第1位になっている病気です。
マーカーは血液検査を実施して調べることができ、基準値よりもタンパク質の分量が多い場合は要注意となります。
この場合、さらに内科で詳しく調べて、原因を突き止められます。
各種検査を実施できるのも内科の特徴です。

甲状腺疾患は最寄りの内科でも治療が可能です

最近非常に汗をかく、髪の毛が大量に抜ける、震えが止まらない、疲れやすく激やせしてしまったといった症状を訴える女性が多いです。これは何かの病気のシグナルととらえるべきです。まずは内科に足を運び血液検査などをおこなってもらうと良いでしょう。こうした症状の場合は、甲状腺失火の可能性も高いのです。バセドウ病は疲れやすく、食欲が多製なのに激やせしたり、震えうまり振せんが見られたりします。よくよく調べてみると脈も速く、前職力で走っている状態で疲れやすいのです。バセドウ病の場合血液でもTSHなど専門的な数値を調べる必要があり、分泌内科などの大きな病院に行かなければ治療できないと思われがちです。しかし町中にも甲状腺内科と言う専門性の高いクリニックなどもあります。こうしたクリニックを利用すればバセドウ病をはじめとした橋本病などの病気なども治療できるんです。バセドウ病などは更年期障害とも症状が似ているので、婦人科なども受診してみることも大事です。

内科でもできるがんを発見できる線虫検査!

日本人の死亡原因のトップががん疾患によるものです。これだけ医療が進歩している日本においても、がんで亡くなる人が毎年多いわけなんです。がんは早期発見であれば、死亡リスクも低く怖い病気ではなくなっています。だが多くの人が検査をするのを嫌がり、がんの早期発見が実現せず、がんで亡くなる人が多いわけなのです。胃がん健診にしてもバリウムを飲んだ入り、胃カメラを挿入するなど苦痛が伴います。しかし最近では線虫検査という苦痛を伴わない検査が内科でもできるようにもなっています。線虫検査は内科で尿を少量採取するだけで検査ができてしまいます。線虫ががんの尿のニオイを好み、がんのある人の尿に近よることでがんの有無を調べることができるのです。このように苦痛を伴わない簡単な検査も内科では受けられるので、積極的に検査をしてもらうと良いでしょう。がんは早期発見であれば、早期治療でほとんどの人が普通の日常生活を取り戻しています。

個人内科で実施をしている生活習慣病のケアとは

国内では2000年以降、生活習慣病を罹患なさる方が増加傾向にあります。この疾病は日々の生活習慣によって罹患をするものであり、糖尿病・高脂血症と脳梗塞の3つで構成をされているものです。2021年時点で全国で約2000万人以上もの方が発症をしており、厚労省ではかかりつけ内科でケアを受けることを推奨されています。そこでここでは、個人内科で実施をしている生活習慣病のケアについて、簡単に見ていくことにしましょう。まず内科では血糖値の測定から尿検査・血圧測定を実施するのがポイントです。一例を述べると糖尿病であれば、毎日インスリンの注射を行って血糖値を一定に維持しなくてはいけません。そのケアを内科側でなされるので、ご自身で管理をする手間を省けます。週1回または2週間に1回の通院が必須となりますが、年齢を重ねた方であればインスリン注射を忘れた、お薬を間違って飲んでしまったというトラブルを未然に防げるわけです。

内科では美容点滴を行っているクリニックもある

医療の美容関係では、「美容点滴」というものがあるのを知っていますか。クリニックの内科で検索し、そこで美容点滴を行っていると書かれている場合はその点滴を受けることが出来ます。内科というと、風邪などの一般的な症状に対応するところだと考えている人も多いでしょう。ですが、実際は美容内科など専門的な知識と技術を持っているクリニックへ行き、美肌や内臓などに良い点滴をすることが可能な人なら、カウンセリングなどを受けた上でこの治療を受けるといいです。 美容系の治療や施術が受けられるクリニックでは、美容皮膚科などもあります。美肌に関するプロフェッショナルがいる科なので、肌のことで困ったことがあったときは、一度受診してみると良いです。ニキビやニキビ跡の改善を考えている人、毛穴の黒ずみなどを解消したい人など様々な人が受診をして肌を美しく、健康にしているといいます。ウェブから予約が出来るクリニックも多いので、利用してみると良いかもしれません。

AGA治療は内科でも行われているのか確認しよう

男性型脱毛症は放置していると、少しずつ進行していきます。かなり進行した場合は、回復は難しいとされてきました。以前は、治療でもAGAを治すのは困難とされていましたが、今は良い治療方法が登場しています。 初期のうちなら、早い改善も期待できますので、まずは医療機関に相談してみましょう。どこで治療を受けられるのかも知っておきたいところですが、医療機関によっては内科でも治療が行われているところがあります。内科での治療は内服薬が中心になります。 内科以外では、皮膚科でも治療が提供されています。内服薬はもちろん、頭皮に直接つける外用薬の処方も行われています。さらに、薬だけではなくHARG療法などより高度な治療を提供しているクリニックもあります。 AGA治療は、より本格的なものを希望するなら専門のクリニックや美容外科に相談することも考えてみましょう。こうした医療機関では、自毛植毛など外科的なアプローチも行われています。

著者:畑中綾子

筆者プロフィール

奈良県桜井市生まれ。
医療系雑誌のライターとして長年活躍。
仕事で得た知識をもとに内科に関するコラムを執筆中!桜井市の内科はこちら