内科でがんを早期発見できる制精度の高い検査とは

内科でがんを早期発見できる制精度の高い検査とは

内科というと風邪を引いたり、インフルエンザにかかったときだけに訪れる病院と関挙げている人がいます。
だが実際はもっといろいろと活用できる病院なのです。
予防医学で内科を活用するのは、健康維持の為にも大事なことです。
実は内科では精度の高いがん検査なども実施しています。
腫瘍マーカーも様々ながんの可能性をはかってくれる検査です。
血液検査で肺や子宮癌などのリスクを知ることが出来るわけなのです。
もう一つ精度の高い検査に線中癌検査があります。
これは尿一滴であらゆる癌のリスクを知ることが出来、精度は腫瘍マーカーよりも高く9割知己後も言われます。
このような検査で予防医学を実施するほか、内科ではあらゆる感染症などの対策を講じることだってできます。
コロナワクチン、赤痢やインフルエンザワクチン、風疹おたふくかぜなど実に様々な予防接種を取り揃えてます。
さらには一般健診と言って血液や血圧、メタボリックなどの検査を随時行ってくれます。

内科での線虫を使ったがん検査方法について

がんの有無について、今までは内科の複数の検査や検診を受けて、結果を組み合わせて総合判断を行っていました。
しかし近年、線虫を使用することで80%以上の高確率で判定できるN-NOSEという方法が開発され、自宅でも簡単に検査を受けられるようになりました。
がんで体を患っているのかどうか、内科で検診するために多額な料金を支払うことは不可能な場合があります。
そのためN-NOSEで先に一次検査を行い早期発見ができれば、医師と相談をして既存の検診を受けることで病気について究明できます。
N-NOSEは一般的な健康診断と同様で簡単に診断することができて、低料金で受けることができます。
さらにがんにおいてステージ0、1の早期がんを発見できることも臨床研究で報告されています。
この検査の最大のメリットは痛みなどの苦痛を感じることなく検査が受けられることです。
尿1滴で検査できるので、身体への負担がなく、全身網羅的にがんにかかっているかどうかを判定することが可能です。

著者:畑中綾子

筆者プロフィール

奈良県桜井市生まれ。
医療系雑誌のライターとして長年活躍。
仕事で得た知識をもとに内科に関するコラムを執筆中!